食と酒

 粕漬け・カマガリは、臼杵市の特産魚である白身魚のカマガリを清酒「一の井手」の酒粕に漬け込んだ、郷土愛あふれる逸品。フライパン等で焼いてお召し上がりください。まろやかなコクに箸でほろりとほぐれる白身の感触、ぷりぷりとした舌触りが絶妙です。容量・参考小売価格(税込):60g(756円)原材料名:カマガリ(臼杵市産)、漬け原材料(酒粕、みそ、砂糖、みりん、酒、塩)*臼杵ブランド認証品

 酒造好適米「若水(わかみず)」は昭和60年に愛知県で開発、種苗登録。低地栽培型の品種として、臼杵市の気候にも良好に順応。醸造過程においては溶け易く、米の旨みがしっかりと醸し出されます。*写真はたわわに実った酒造好適米「若水」(臼杵市望月)。

 透き通るように輝くふぐ刺し(写真)。臼杵のふぐはその日捌いたものを使用するので、料理する時にはまだ身が活きておりあまり薄く引くことができません。一片一片に存在感のある少し厚めのふぐ刺しは新鮮さの証ですし、誰もが遠慮なく箸をのばせるボリュームも臼杵ならではです。臼杵特産・カボスを搾ったポン酢に、ねぎ、薬味と一緒にいただくのが臼杵流。 久家本店では、淡白な白身に合った、米本来の旨み溢れる酒を提供して...

 「豊後水道・臼杵ん地魚」のパンフレット(「うすき海のほんまもん漁業推進協議会」発行)。 臼杵の魚とその料理、そして漁業の事が良く分かります。是非ご覧ください。

 第7回「食と酒のマリアージュ」は、2020年11月、大分市の和食人気店「料理家・くらかけ」で開催。 料理家・倉掛さんが腕を揮った丁寧で見映え鮮やかな料理を、ウスキボウルを中心とした久家本店の酒とともに和気藹々と楽しんでいただきました。*写真は当日の様子(コラージュ)

トップに戻る 創業 万延元年/since 1860 プライバシーポリシー

 

飲酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。飲酒運転は法律で禁じられています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 Copyright © 2022 久家本店 All Rights Reserved.