蔵元だより

 梅酒用に約1年間浸かっていた梅の実(大分県産)を取り出し、真空パック詰め作業が進行中。 216円(税込)/500gとたいへんお得なため、毎年すぐに在庫がなくなってしまいます。今年は来週中頃(5月19日頃)より発売予定ですので、興味のある方は久家本店までお問合せください。 また、写真左側の色の濃い梅の実は約2年間浸かっていた熟成物で、濃厚で身も柔らかく美味しくいただけます。50パック程しかなくラン...

 日名子課長がトキハわさだタウン・酒売り場で試飲販売会。休日出勤で頑張ってくれました。 手にしている赤い瓶は、今年の熊本国税局酒類鑑評会で優等賞を受賞した芋焼酎「常蔵」の、2013年製造(長期貯蔵【8年】、減圧蒸留)マイルド・ボトルで同店限定です。

 令和3年酒類鑑評会(熊本国税局)で、麦焼酎「常蔵」と芋焼酎「常蔵」が優等賞を受賞。 引き続き酒造技術を研鑽して、お客様へ高品質の酒をお届けします。

 大分県新酒(清酒)きき酒会へ、社長が審査員として出席。今期各蔵元が丹精込めて造った大吟醸酒を、集中してきき酒そして評価しました。 生酒が多い中、当社は将来の品質劣化を抑える目的で、予め火入れをした酒を出品しました。その為、少々厳しい評価もいただきましたが、酒がゆったりと程よく熟成することを期待して、熊本国税局酒類鑑評会へ出品します。

 県南の生活情報誌「てくてくぷらす 10月号」(発行:いづみ印刷)の【パーソン★ボイス】のコーナーで、社長が紹介されました。 酒と臼杵について熱く語っています。同誌を手にされた際は、ご一読いただけましたら、幸甚です。

 地域医療の根幹を担う臼杵市医師会立コスモス病院のFBで、「病院で使用するビニールエプロンが不足して困っています。作成して、届けていただけると嬉しく思います。」との投稿がありました。従業員に作成してみないかと持ちかけた所、喜んで積極的に協力してくれ100枚が出来上がったので、早速届けて参りました。 併せて社内に保管していたウイルス対策用のマスクも、今こそ医療の最前線で頑張っていただいている方々に使...

 一の井手・酒粕の販売を開始いたしました。国産米を100%使用し手造りで造られた清酒「一の井手」の酒粕は、しっとりとした肉厚の板粕です。 酒造期(冬季)だけの限定で、なくなり次第販売を終了いたします。1kg袋、2kg袋、4kg袋および大吟醸・酒粕(1kg)での販売となります。 お近くの酒屋さんにない場合は、久家本店・ウェブショップよりお求めください。

 留後16日経過した、特別純米・無濾過生原酒「USUKI」の醪。 果実系の香りが鼻に心地よく泡も活発で、発酵も順調な経過をたどっています。2月19日(金)前後に上槽の予定です。

 冬から春につくられ、火入れして酒蔵に貯蔵した清酒は、秋になりその温度と外気温が同じくらいになると、新酒のあらさがすっかり消えまるみがでてほどよく熟成し、酒の最も飲みごろとされます。 この時期、瓶詰された酒(主に純米酒)を「ひやおろし」といいいます。 「純米・一の井手・ひやおろし」は、今夏の呑切りでも”すっきり”していると評価が高く、熟成具合が楽しみです。ちょっと高めの17度でお楽しみ下さい。9月...

 臼杵産酒造好適米「若水」を使用した特別純米の醪。留後11日。 順調に発酵しており、果実様の芳香が感じられます。上槽は3月7日(土)前後を予定していますが、今後の発酵状況によります。

 予定の浸漬時間を経過した後、たらいからステンレス製のざるを取り出し、水を排出します。これを水切りといいます。(村上課長) 浸漬米の表面には余分の水が付着しているので、これを除去するのにかなりの時間を必要とし、通常一夜程度水切りします。

 蒸し後、種付けされた麦をドラムから棚に移し、手入れをします。この作業を「盛り」と言います。 麦のデンプン質原料を蒸し、これに、麹菌を増殖させたものが麹で、麹菌の生産する糖化酵素がデンプンの分解に使われます。 焼酎の製麹では、多くの場合、白麹菌が使われ、その生産するクエン酸が腐造防止に利用されます。

トップに戻る 創業 万延元年/since 1860 プライバシーポリシー

 

飲酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。飲酒運転は法律で禁じられています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 Copyright © 2021 久家本店 All Rights Reserved.