ふぐ刺し

ふぐ刺し

 透き通るように輝くふぐ刺し(写真)。臼杵のふぐはその日捌いたものを使用するので、料理する時にはまだ身が活きておりあまり薄く引くことができません。一片一片に存在感のある少し厚めのふぐ刺しは新鮮さの証ですし、誰もが遠慮なく箸をのばせるボリュームも臼杵ならではです。臼杵特産・カボスを搾ったポン酢に、ねぎ、薬味と一緒にいただくのが臼杵流。
 久家本店では、淡白な白身にに合った、米本来の旨み溢れる酒を提供して参りました。また、市内の多くのふぐ料理店では、ふぐひれと相性抜群という事で、清酒「一の井手」がひれ酒に使用されています。

あじの刺身

あじの刺身

 高級ブランドとして名高い関あじと近接する海域で成長した臼杵のあじ(写真)は、肥育がよく鮮度が高いので身がよく締まっており、刺身が美味とされています。
 臼杵特産・カボスを垂らした醤油に、玉ねぎのスライスと一緒にいただくのが臼杵流。本醸造・生酒「一の井手」と好相性です。


トップへ戻る